修士論文テーマ

課題

2020年8月 修士論文研究:
Islam Md Shariful「N-terminal domain (NTD) of elephant shark glucocorticoid receptor increases corticosteroid activation of glucocorticoid and mineralocorticoid receptors」
陳 澤「Molecular cloning and characterization of hagfish progesterone and corticosteroid receptors」

2020年3月 修士論文研究:
瀧川 智人「軟体動物エストロゲン受容体の分子進化および機能解析」

H30年度 修士論文研究:
林 暁智 「Functional characterization of elephant shark, Callorhinchus milii, progesterone receptor」

小竹 純可 「ゾウギンザメの温度感受性TRPチャネルの解析」
(2019年3月発表)
H28年度 修士論文研究:
佐藤 塁 「特異的アゴニストに対するエストロゲン受容体の種特異性」
(2017年3月発表)
H26年度 修士論文研究:
岡田 大二朗 「グルココルチコイド受容体のリガンド特異性進化の検証」
(2015年3月発表)
H25年度 修士論文研究:
佐々木 麻衣 「アリゲーターのSOX9とSF1解によるAMHプロモーターの制御」
(2014年3月発表)
H24年度 修士論文研究:
杉本 章 「チョウザメのコルチコイド受容体の単離とリガンド特異性の解析」
(2013年3月発表)
H23年度 修士論文研究:
岡 香織 「アメリカアリゲーターコルチコイド受容体の特性評価及びAMH遺伝子の発現制御」
成田 晴香 「ゾウギンザメエストロゲン受容体の単離及び機能解析」
(2012年3月発表)
ページの先頭に戻る