当研究室では「内分泌システムの分子進化」の解明を目指しています。精密に制御されている内分泌のシステムが生物進化に際してどのように出現し、機能を獲得したのか?という問題に取り組んでいます。「ステロイドホルモン受容体」に焦点を当てて様々な生き物から受容体遺伝子の単離・機能解析を行うことによって、遺伝子の分子進化および機能進化について研究を進めています。
Our laboratory aims to elucidate the molecular evolution of the endocrine system. We are trying to understand the molecular evolution of the endocrine system, which is precisely regulated. We focus on the steroid hormone receptors and study the molecular and functional evolution by isolating and analyzing the receptor genes from various organisms.

学生の皆さんへ, To all students:

私たちの研究室ではステロイドホルモンの受容体の分子進化・機能進化を解析しています。いろいろな生物から受容体遺伝子を単離して、その機能を解析することによって高等脊椎動物で見られる精密な内分泌システムが進化の過程でどのように成立してきたのかを探究しています。興味のある学生、大学院生は一緒に研究をして面白い発見をしましょう。
In our laboratory, we analyze the molecular and functional evolution of steroid hormone receptors. By isolating receptor genes from various organisms and analyzing their functions, we are investigating how the precise endocrine system found in higher vertebrates was established during the evolutionary process. Interested students and graduate students are welcome to join us in our research and make interesting discoveries.

現在、
3名の大学院生と4年生1名が所属しているラボです。世界に通用する研究、教科書に載るような研究を目指しています。他大学からの大学院進学者も大歓迎です。皆さんとともに素晴らしい研究をしたいと願っています。
Currently, we have three graduate students and a fourth-year student in our lab. Our goal is to conduct world-class research that will be published in textbooks. We also welcome students from other universities to enter the graduate school. We hope to do great research with you!

ステロイドホルモン受容体の分子進化

私たちの研究室では「ステロイドホルモン受容体の分子進化と機能解析」を追求しています。
ステロイドホルモンはその受容体を介して生殖腺の発生や分化、さらに生体内環境の維持に重要な役割を担っています。このステロイドホルモンによる内分泌環境維持機構の分子進化を調べる為に、動物進化のうえで重要な位置にある軟骨魚類、古代魚やヤツメウナギ、ナメクジウオさらに無脊椎動物のステロイドホルモン受容体の解析を行なっています。
これまでに、高等脊椎動物が持っている女性ホルモンの受容体(エストロゲン受容体)は頭索動物であるナメクジウオの段階で遺伝子が出現した事を見出しています。しかし、エストロゲンと結合する特性はその後の生物の進化に伴って現れたことが分かってきました。更なる分子進化・機能進化の解析やエストロゲン受容体以外のステロイドホルモン受容体についても解析を行っています。コンピューターシミュレーションによる受容体タンパク質の立体構造の解明やホルモンとの結合状態についても詳細な解析を進めています。
Our laboratory is pursuing "molecular evolution and functional analysis of steroid hormone receptors". Steroid hormones play an important role in gonad development and differentiation as well as in the maintenance of the endocrine environment through their receptors. In order to investigate the molecular evolution of the mechanisms by which steroid hormones maintain the endocrine environment, we are analyzing the steroid hormone receptors in cartilaginous fishes, ancient fishes, lamprey, amphioxus, and invertebrates, which are important in animal evolution. So far, we have found that the female hormone receptor (estrogen receptor) in higher vertebrates is a gene that appeared in the cephalochordate amphioxus. However, it is now known that the property of binding to estrogen appeared with the subsequent evolution of the organism. We are now analyzing further molecular and functional evolution and steroid hormone receptors other than estrogen receptors. Computer simulations are also being used to elucidate the three-dimensional structure of the receptor proteins and to analyze their binding to hormones in detail.
ナメクジウオ

ニュース&トピックス

2021.01.29
A graduation training presentation was held by 4th graders
2021.01.29
4年生による卒業実習発表会が開かれました
2021.01.23
Graduate student Lin's paper has been published in bioRxiv!
2021.01.23
大学院生の林さんの論文がBioRxivに載っています
2020.09.04
林さんと杉下くんが日本動物学会でポスター発表を行いました
2020.08.25
SharifulさんとChenさんが修士論文発表を行いました
2020.07.01
University of CaliforniaのBaker先生との共著論文を発表しました
2020.04.01
新4年生の小穴くんがラボの一員になりました。
ページの先頭に戻る